Video to BD/DVD X / Video to DVD X マニュアル 目次

はじめに、製品の起動

STEP2 メニューの編集

STEP3 ディスクの作成

Video to BD/DVD X / Video to DVD X マニュアル

STEP1 ② 動画ファイルの編集

1編集開始

Video to BD/DVD X

1の マジックステッキ の絵柄のボタンで、カット編集などを行う、ファイルの編集画面を開きます。

2編集画面

Video to BD/DVD X

編集画面の共通機能

Video to BD/DVD X

aオリジナルプレビュー:編集前の動画の状態
b出力プレビュー:編集内容を反映させた、編集後の動画の状態
※ふたつのプレビューの再生は連動します

c再生バー:現在の再生位置を示します
d再生ボタン:再生/一時停止
eフレーム送り:コマ送りします。タイミングの微調整に使います
f音量:バー部分で音量調整、スピーカーマークをクリックして 消音/解除
g時間表示:左が再生地点の時間、右がオリジナルの全体の長さを示します

h適用する:現在の編集内容を適用します
i戻す:編集内容を元に戻します
jキャンセル:編集画面を閉じます
※キャンセルクリック時に編集した内容があると、適用して閉じるか確認が表示されます。

編集タブについて

Video to BD/DVD X

編集画面は、編集要素をタブによって切り替えます。タブは次の通りです。

A回転・反転:動画の向きの修正
Bカット編集:動画の必要部分の切り取り
Cクロップ:動画の欲しいエリアを拡大表示
D効果:画面全体の演出、フィルター効果
E調整:音量、画質の調整
Fウォーターマーク:動画に表示する透かし

A回転・反転 タブ

Video to BD/DVD X

動画を左右回転、左右上下反転させます。
スマホで撮影したビデオの、横倒しや鏡像などの修正を行えます。
※画像では、時計回りに90度回転させています

Bカット編集 タブ

Video to BD/DVD X

動画の必要部分のみを切り取ります。

a開始点:再生バー下の開始点スライダをドラッグして設定
b終了点:再生バー下の終了点スライダをドラッグして設定
c開始タイム:開始点を時間で設定、開始点スライダと連動します
d終了タイム:終了点を時間で設定、終了点スライダと連動します
e持続時間:切り取る範囲の長さを時間で設定、各設定に連動します

Cクロップ タブ

Video to BD/DVD X

動画のエリアを選択し、拡大します。

aプレビュー上でエリア指定。マウスで 青ノッチ を操作して範囲指定、中央の矢印部分で範囲移動
bクロップ位置:左マージンは左端からの距離、上マージンは上端からの距離
cズームモード:切り抜いたエリアを、出力範囲にどのように適用するかの設定
・レターボックス化:全体表示、比率よりも短い辺は、黒余白が出ます
・センター:出力範囲の中央に配置
・パン&スキャン:短辺を全体表示、黒余白が出ない代わり、長辺がはみ出ます
・全画面:全画面にフィット、縦横比を無視するため、縦あるいは横に伸びることがあります

Video to BD/DVD X

D効果 タブ

Video to BD/DVD X

画面全体に影響するフィルター効果を追加します。
サンプルをクリックすると、出力プレビューで適用状態を確認できます。

E調整 タブ

Video to BD/DVD X

音量と画質を調整します。

a音量:100%が元の音量、0%で無音、200%で元の倍の音量
b輝度:明るさの修正、数字が大きいほど明るく、マイナスで暗くなります
cコントラスト:画面の強さ、数字が大きいほど白黒がより強調され、マイナスでは灰色に寄ります
d彩度:鮮やかの修正、数字が大きいほど鮮やかになります
e色相:色の割当をずらします。赤寄り、青寄りに変化します

Fウォーターマーク タブ

Video to BD/DVD X

画面上に透かしを表示させます。

a透かしの表示非表示、テキストまたはイメージによる透かしを設定します
b場所:表示位置を、上下・左右のスライダで調整
c透明度:透かしの透明度合いを設定、0%に近づくほど薄くなります
d出力プレビュー上でマウス操作して、大きさ、位置(場所)を設定、場所スライダに連動します


編集を終えたら、「適用する」をクリックして、ファイルへ編集内容を適用させます。