変換スタジオ7キャンペーン変換スタジオ4から7にアップグレードのキャンペーン
LEAWO製品活用方法 - LEAWO製品について 使用のコツや便利な使い方を紹介しています -

LEAWO製品活用方法

AVCHD変換

  • DVD作成用に動画を短く編集する(VOBに変換する)


    お子様の成長記録やイベント等の撮影をしていると、
    多少余分な映像も記録してしまうことが多いと思います。
    DVDに保存したり、大切なメモリアルムービーとして保存するには
    余分な映像は除いてきれいに管理したいものです。

    ここでは、デジタルカメラ(ビデオカメラ)で撮影した動画を必要な部分だけをカットして編集し、
    いずれ動画が溜まったらまとめてDVD作成ができるように動画を保存する方法をご紹介します。

    動画のファイル形式を気にすることなく
    どのような動画も取り込んで編集可能な
    『変換スタジオ7 Complete BOX ULTRA』を使ってみましょう。
    DVD作成もできるソフトです。

    『変換スタジオ7 Complete BOX ULTRA』
    無料で試せます。↓
    動画変換ソフトダウンロード

    【 変換スタジオ7 Complete BOX ULTRA 】を使って
    DVD作成用にビデオカメラで撮った動画を短く編集する方法はこちらへ



    以下は旧製品【変換スタジオ4 Complete BOX】で動画をDVDに保存する方法を紹介します。

    手順1:動画ファイル取り込み


    「ビデオを追加します」ボタンをクリックして、変換したい動画ファイルを取り込みます。
    ここではSONYのハンディカムで撮影したAVCHDファイル(MTSファイル)を選択します。
    一度に複数編集できるように同じファイルを3つ取り込んでいます。
    DVD作成用に動画を編集する-1


    手順2:動画を編集する


    「編集」ボタンをクリックすると編集画面が表示されます。
    DVD作成用に動画を編集する-2
    切り取りたい箇所に合わせて「トリム」機能を使います。
    動画の編集が終了したら、「次へ」をクリックします。
    DVD作成用に動画を編集する-3

    動画が短く編集されました。
    DVD作成用に動画を編集する-4

    次に、2番目のファイルを選択して、編集します。
    DVD作成用に動画を編集する-5




    手順3 :動画を変換する(DVD作成用に保存する)


    全ての動画の余計な部分を除く編集をしたら、動画を保存します。
    動画が溜まったらDVDに保存する場合は、MPEG2かVOBに変換します。
    DVD作成用に動画を編集する-6
    VOBファイルに変換できるように選択されました。

    また、画面の下の方の「プロファイル」にある工具マークのボタンをクリックすると、詳細設定画面が表示されます。
    DVD作成用に動画を編集する-7
    いずれDVDに変換する場合は、ここでビデオサイズを720×480に変えて変換しましょう。
    DVDを作成する場合、動画はDVDの規格である720×480の解像度に変換されます。
    ここで異なる解像度で保存すると、DVD作成時に再変換されるため画質が劣化します。
    また、画質の劣化を少なくするには、ビットレートを高く設定しましょう。

    動画の変換設定が終わったら、
    右下の「変換」ボタンをクリックすると、変換と保存が始まります。
    DVD作成用に動画を編集する-8
    それぞれ編集したファイルをひとつのファイルとして保存したい場合は「1つのファイルに結合」にチェックを入れてから
    「変換」ボタンをクリックしましょう。
    保存先は、「出力」欄で確認できます。「フォルダマーク」ボタンをクリックして変更可能です。

    大切なメモリアルムービーを撮ったら
    同じように動画編集をしてパソコンに保存しておき、たくさん溜まったらDVDに焼いて
    親戚などにプレゼントしてはいかがでしょうか。

    DVDの作成方法はこちらの記事を参照ください。

    分割した複数の動画を結合して1本の動画にする方法はこちらの記事を参照ください。