doga よくある質問(FAQ)

FAQ~dogaを選ぶ理由

FAQ~用語解説

【カ】 カット イン、カメラアングル、キーフレーム・アニメーション、クロップなどの用語解説

カット イン:
あるカットに突然、別の画像や動画を表示する技法。
映画やTVの場合は、主にシーンの切替演出に使用する。
アニメやゲームの場合は、カット内の一部に別の画像や動画が表示される演出の事を意味する。
「dogaシリーズ」の場合、トランジションの時間を0秒に設定した場合が、映画やTV的カットインに当たる。
既存のレイヤーに別レイヤーの画像や動画を重ね、突然表示させればアニメやゲーム的なカットインができる。

カメラアングル:
被写体に対するカメラの撮影角度。また、その構図の事。
「dogaシリーズ」の場合、仮想空間内で360度自由自在にカメラアングルを制御し、パン、ドリー、ズームイン、ズームアウトなどの、立体的な視覚効果を演出することができる。
(参照: https://kotobank.jp/word/カメラアングル-466845

キーフレーム・アニメーション:
キーフレームとは、CGアニメーションで、基準となる変化が定義されているフレームのこと。
キーフレーム・アニメーションとは、始点となるキーフレームと終点になるキーフレームを設定することで、キーフレーム間の物体の形や位置の変化が自動的に補完されてできるアニメーション効果のこと。
「dogaシリーズ」の場合、各レイヤーごとに、キーフレームを設定、制御することが可能。
(参照: http://www.sophia-it.com/content/キーフレーム

クロップ:
画面の一部だけを切り出す加工を指す。トリミングと同じ意味。
(参照: https://ja.wikipedia.org/wiki/トリミング_(写真)

doga 無料体験

doga FAQ~用語解説